全額自費を覚悟

インプラント治療

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかも知れませんが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
ほとんどのインプラント治療は保険が聞かず、全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。誰でもインプラント治療ができるわけではないんです。その大きな原因は費用がかさむことに尽きます。ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差はとってもありますし、自由診療のため、歯科医院によってもずいぶん費用は変わってくるのです。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。対して、インプラントは差し歯と異なり、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので術後の患者さんは、ほとんどが違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大切です。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みがつづいていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を突き止め、治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)しなくてはなりません。大至急歯科医にかかってちょうだい。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療をうけた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)をうける歯科医院を選択するときは、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院も当たり前のようなっているのですから、調べるときは参考になるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ